利用する空港や路線の違い

格安航空券を販売しているLCCですが、どうして格安で航空券を販売することができるのでしょうか。
大手航空会社と違う点はどういったことなのでしょうか。
LCCは人気の空港を避けて運行しています。
大きな空港や多くの飛行機が離着陸する空港では、空港利用料が高くなってしまいます。
そのため、利便性よりも安さを重視して、いわゆる第二空港を利用する場合が多いです。
わかりやすく説明すると、羽田空港や成田空港のような大型空港を利用するより、近場の茨城空港を利用するというようなものです。
このような工夫によってかなり費用を削減することができます。
また、運航する路線が限定されているという特徴もあります。
LCCは採算の取れる路線しか運行していません。
大手航空会社は赤字路線を運行しても、他の黒字路線でまかなうということをしていますが、LCCではそのようなことがありません。
LCCが運航しているのはいつも満席になるような人気路線だけです。
その結果、運行すれば黒字という状況になるので、より安い運賃で運行をすることができます。
そのため行きたい場所にLCCが運航していないということもあるのです。
自分がいきたい場所に運航しているかどうかは運次第なのですが、もし運航している場合には、ぜひ利用して、移動費を節約するのもいいでしょう。
このようにLCCは独自の工夫をすることによって、格安航空券を販売しています。