駐機時間が短い

大手航空会社に比べて破格とも言える料金で運航されているのがLCCです。
ローコストキャリアという名の通り、格安で飛行機を利用することができます。
ですが、どうしてそんなに安く航空券を販売することができるのでしょうか。
LCCは大手航空会社とは違った戦略で、航空券を安く販売しています。
大手航空会社は一つの航空機の運航スケジュールに余裕をもたせています。
そのため時間通りの運行が可能ですし、トラブルが合った場合にも大幅に遅れるという可能性が少なくなります。
一方でLCCはかなりタイトにスケジュールを組んでいます。
空港に到着した航空機が、空港で駐機する時間をかなり短くしているのです。
そうすることで、人を載せていない時間を少なくすることができ、効率的に運航することができます。
往路で乗客を乗せて運行した航空機は、空港に到着すると乗客を降ろします。
その後、何時間後に乗客を乗せて復路の運行をするのかによっては大きく費用が変わってくるようです。
LCCはここに目をつけて、往復の間隔を短くして航空券を安くしているという仕組みになります。
大手航空会社もこの仕組みにすればいいと思うかもしれませんが、この仕組みにはデメリットがあります。
もし早朝便で遅れが発生した場合には、駐機時間が少ないためドミノ倒し的にどんどん遅延が発生していくということになります。
LCCを利用する際にはある程度の地園は仕方ないと思っておいたほうがいいかもしれません。
時間を気にする場合にはLCCは利用しないほうがいいでしょう。