新着情報

◆2014/09/30
早いうちから旅行計画を立てて飛行機を利用するの情報を更新しました。
◆2014/02/05
HP更新担当責任者紹介を新規投稿しました。
◆2014/02/05
お問い合わせメールフォームを新規投稿しました。
◆2014/01/27
状況に応じて選択するの情報を更新しました。
◆2014/01/27
利用する空港や路線の違いの情報を更新しました。

早いうちから旅行計画を立てて飛行機を利用する

旅行が好きな人は、早いうちから旅行の計画を立てる人が多いでしょう。
もし旅行の数カ月前から計画を立てているという人であれば、飛行機を利用するのがいいかもしれません。
飛行機というと遠方へ旅行にいく時以外は利用しないという人が多いのではないでしょうか。
比較的高額な利用料金がかかりますし、搭乗手続きなどが面倒に感じる人もいるでしょう。
しかし飛行機も利用次第では鉄道よりも安い料金で利用することができることがあります。
その条件としてあげられるのが早く予約をするということです。
新幹線を利用する際には、早く予約をしても特にメリットはありません。
料金は前日でも当日でも変わりませんし、割引もありません。
高速バスは多少の割引はあるにしても、移動時間はかかりますし、あまり快適さは求められないでしょう。
飛行機を利用すればあっという間に移動することができます。
移動時間が短ければ現地で多くの時間を取ることができます。
それが安く利用できるとなれば、利用しない手はないでしょう。
飛行機を安く利用するためには2ヶ月以上前に旅行の計画を立てて、旅歩ドットコムでチケットを購入しておくといいでしょう。
安い場合には通常利用の半額程度で飛行機を利用することができます。
場合によっては高速バスと同じくらいの料金で利用できるようです。
早いうちから旅行の計画は立てているのに、結局鉄道を利用するというのはもったいないかもしれません。
色々と情報を調べてみるといいでしょう。

飛行機を利用する際のおおまかな流れ

飛行機を利用することに慣れていない人もいるでしょう。
しかし最近では気軽に飛行機が利用できるようになったことから、これから飛行機を利用する機会が増えるかもしれません。
そこでここでは飛行機を利用する際のおおまかな流れをしょうかいしていきましょう。
まずはチケットを購入する必要があります。
チケットは当日ではなく、前日までに予約するようにしましょう。
新幹線はいつ買っても同料金ですが、飛行機は前日までに予約したほうが確実に安く購入することができます。
当日は空港に行って飛行機にのるのですが、新幹線のように時間ギリギリに空港に到着しても、飛行機にのることはできません。
遅くとも1時間前には空港に到着するようにしましょう。
空港に到着したら、チケットを受け取ります。
遅くとも出発の30分前までに受け取っておかないと、手続きが間に合いません。
手荷物を預ける場合には、窓口に行って手続きを行います。
次に保安検査場で金属探知機を通り、手荷物の検査があります。
その後、搭乗になります。
搭乗のゲートはいくつもあるので、自分が乗る搭乗ゲートを確認しておきましょう。
15分前くらいから搭乗が開始するので、その頃には搭乗ゲートに到着しておきましょう。
機内にはいったら自分の座席を確認し、座ります。
新幹線のように遅れたら時間通りに発車するというわけではありません。
遅れたらまず空港内にアナウンスされます。
その人の到着を待つことが多いので、恥をかかないように遅れないようにしましょう。